映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― 」とコラボレーション|料理教室のホームメイドクッキング

映画「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― 」とコラボレーションをご紹介。全国で料理教室・パン教室を展開するホームメイドクッキング公式サイト。

  • instgram
  • facebook
  • twitter
  • 資料請求
  • 法人のお客様へ
  • 企業情報
  • お問い合わせ
  • 初めての方へ
  • コース紹介・進み方
  • イベント・キャンペーン
  • ホームメイドオンライン
  • 教室を探す
  • レッスン検索/予約/確認
  • 体験レッスン

映画 かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発― とコラボレーション

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

心が温かくなる「かぞくいろ」のように、具だくさんで体の芯から温まる「のっぺい汁」。

のっぺい汁

全国各地に分布する郷土料理のひとつ「のっぺい汁」。

地域によって呼び方も異なるようで、映画の舞台となった【鹿児島】では、のっぺい汁【熊本】では、のっぺ汁と呼ばれています。

あなたの地域では、何と呼びますか?

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

作品紹介

11月30日(金)全国ロードショー

人生を鉄道になぞらえて描く映画「RAILWAYS」。
2011年『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』から7年の時を経て、シリーズ最新作『かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発―』が誕生しました。
最新作の舞台は、鹿児島県~熊本県を結ぶ〈肥薩おれんじ鉄道〉。鹿児島県の阿久根市など、美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った“ふぞろい“な3人の家族の再出発を描きます。亡き夫の連れ子・駿也とともに、夫の故郷・鹿児島で鉄道運転士を目指す奥薗晶役には有村架純。晶の義父で、鉄道を愛し、人生を捧げて生きてきた男・奥薗節夫役には國村隼。また、桜庭ななみ、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高ら実力派俳優陣が集結。奥薗駿也役は、オーディションで選ばれた歸山(きやま)竜成が演じます。
監督・脚本は、『バースデーカード』などの吉田康弘。音楽はNHK大河ドラマ「西郷どん」の富貴晴美が手掛け、斉藤和義による書き下ろし主題歌「カラー」がエンディングを美しく奏でます。

STORY

晶は、夫・修平とその連れ子・駿也と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫を訪ねる。
節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、3人の共同生活が始まった。
そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。「このままじゃダメだって分かってます。変わりたいんです。」血のつながらない息子の母として、そして運転士になるためまっすぐに生きようとする晶の姿に、これまでの人生で気づけなかった<大切なこと>に気づいていく節夫。
愛する人を亡くし、一度家族を失った3人は、もう一度<家族>になれるのだろうかー。

有村架純 國村隼
桜庭ななみ 歸山竜成/木下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高
監督・脚本:吉田康弘 音楽:富貴晴美 主題歌:「カラー」斉藤和義(スピードスターレコーズ)
特別協賛:出水酒造 協賛:鹿児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会
撮影協力:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道 製作:「かぞくいろ」製作委員会
企画:阿部秀司事務所/ROBOT 制作プロダクション:ROBOT 配給:松竹

©2018「かぞくいろ」製作委員会