鹿楓堂のほうじ茶ラテのレシピをご紹介。全国で料理教室・パン教室を展開するホームメイドクッキング公式サイト。

  • instgram
  • facebook
  • twitter
  • プレスリリース
  • 資料請求
  • 法人のお客様へ
  • 企業情報
  • お問い合わせ
  • 初めての方へ
  • コース紹介・進み方
  • イベント・キャンペーン
  • ホームメイドオンライン
  • 教室を探す
  • レッスン検索/予約/確認
  • 体験レッスン

鹿楓堂のほうじ茶ラテ

鹿楓堂のほうじ茶ラテ

鹿楓堂のほうじ茶ラテ

レシピ監修 熊谷あづさ

<材料>1人分

ほうじ茶茶葉
大さじ3くらい(約7〜8g)
大さじ4
牛乳
180

*フォームドミルク(作りやすい分量)

牛乳
100

*アレンジ

ココア、砕いたナッツなど

作り方

  • 1小鍋に水を入れて中火にかけ、お湯が沸いたら茶葉を入れて1分ほど煮出す。水分が足りないときは、少量の水(分量外)を少しずつ加える。
  • 21に牛乳を加えて火を弱めて煮出し、ふつふつとしてきたら火を止める。牛乳が沸騰しすぎないように気をつけること。
  • 32を茶こしで漉しながらカップに注ぐ。
  • 43にフォームドミルクを注ぎ、お好みでココアや砕いたナッツなどをのせる。
●ポイント
  • 茶葉の量は、「ちょっと多いかな」と思うくらいがちょうどいいです。(ほうじ茶は、炒っているので葉が膨らんでおり、茶葉の量が多く感じられます)
  • 煎茶が玉露などは、持ち味を引き出すためにお湯の温度を少し下げてから淹れますが、ほうじ茶は100℃程度の熱湯で淹れます。
  • お茶は最後の一滴にうまみが凝縮されています。最後まで大切に出し切るとおいしいほうじ茶になります。
  • ほうじ茶の風味を強く出すために、少量の水で煮出します。
ぐれ

©清水ユウ・新潮社/鹿楓堂よついろ日和製作委員会